--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/26 Sat  14:45
韓国旅行⑬梨大でチングと待ち合わせ~

ソルロンタンを食べ満腹になった私達は今回の旅行の目的のひとつである
ソウルチングとの初対面

梨大地下鉄2番出口で待ち合わせ。
ギリギリに行って迷って待たせては大変と思い早めに行くことにした。
この時点で知り合って1年3か月、お互いに写真で顔は知っているが今思うと
すごいところで待ち合わせをしたかな?と・・・・

たくさんのお店があるとのことで初渡韓の時に娘が行きたがっていたので
一石二鳥わくわくして行ったが娘がトイレと言い出すので
デパートらしきものに入ってもトイレがわからない。ない?はずがない?
それからトイレを探して歩いていたらなんと隣町の新村
ミリオレがあったので(ここは有名で東大門で慣れていたので)用をすます。
新しくできたばかりらしいので手を洗うところはロッテホテルとにた感じのシンク?
とにかくお洒落~~

それからまた梨大まで歩いたが気に入ったお店がなく
(荷物が重くて買い物意欲がなかったのが今回の旅行の敗因)
偶然にアイスベリー(下の方にリンクあります) をみつけそこで休むことに。
お客は私達だけ。
店員の若い子は日本語ができたので助かりました。
窓が目の前にあって横に並んで食べる席だったので(リンク↓から私達の席がわかります
カップル用?)今回初めて
余裕を持ち景色を眺めながらゆっくりした。
平日の昼前だったからか人数少なし美味しかった~~

そろそろゆっくり行こうかと店を出て少し行くとトニーモリーが。
行く予定だったし時間もあるしで入ったら時間を忘れていた。
気がつくと待ち合わせ時間13時の5分前!
慌てて行くと2分くらい前?チングがいない。
韓国人の方が道を聞いてきた。動揺したら即私たちの素性がわかったらしく
苦笑いしながら去って行った。
前回は日本人バレバレで不思議だったのに今回は馴染んだのかしら?
5分くらいにチングらしき人が目の前に現れて
お互いすぐにわかった!
気付くと手を握り合い普通に(日本語で)話していた。

チングは絶対に地下から階段を登ってくると思っていたので
時間前に着いていて下と上を行ったり来たりしていて私達が来ないので
心配していたとのこと。
娘を見て喜んでくれたりしながら私が調べていたトッポッキのお店がいいとのことで
そこに行くことになった。
若い子たちがたくさん食べていた。

そこで見た日本では考えられない店員が・・・・・
ここからがまた長くなりそうなのでまた続きとします。



アイスベリー
スポンサーサイト

テーマ : 韓国旅行   ジャンル : 旅行

2008/07/15 Tue  16:24
韓国旅行⑫シンソルロンタン

ワ~~ン 記憶が薄れて行きそうです~~

ドラゴンヒルスパを出ると暑いくらい天気。
ヨンサン駅はほとんど隣と言って良いくらいの位置だったかと。
大きな綺麗な駅でした。
汽車?と地下鉄が同じ駅のようなのはわかりましたが地下鉄駅がみあたらない(?)
一度外へ出てお掃除のアジュンマに聞いてもさっき行ったところと同じ場所だと言う。
仕方がないので切符売り場の若いオンニ(お姉さん)に聞くと愛嬌もなにもない言い方&
態度で不思議そうにここだと言う。
もう、わからないので適当に歩いたら着いた感じ。(私の今の状況もかなり適当・・・・)

明洞まで出て朝食としてシンソルロンタンの予定実行!
地図通りに迷わず到着したがすでに9時過ぎ。
あまり会わない日本人お二人がいたのに感激。
リンクから飛んでいただければわかりますが同じものを注文。

sorurontan.jpg

酸っぱいキムチと普通のキムチが食べられ美味しいと期待していましたが
普通かな~~?
でもソルロンタンは最高!
薄味なのでテーブルにある塩を自分の好みまで足して食べますがそれはもう!
この世のものではない感じ(空腹だったのでこんな感じでした)お腹も満腹になります。

sinsorurontancyoa.jpg


これから午後1時に待ち合わせのソウルチングと会うことに。
梨大(イデ)です。


まだまだ続く・・・・・

テーマ : 韓国旅行   ジャンル : 旅行

2008/07/03 Thu  10:34
韓国旅行⑪ソウル2日目in ドラゴンスパ

感じの良いタクシーのアジョシとさよならしていざ、ドラゴンスパへ。

深夜なのでシ~~ンと静まりかえっていた。
下調べで前金とわかっていたいたのでフロントでお支払い。
深夜料金で一人12,000ウォン(約1200円)深夜は1時間ごとに1000ウォン(100円)
加算されるということだったので帰りに清算と思っていたらもうお話ししますが
結局何もかからず一晩で二人で24000ウォン(2400円)
安すぎ~ですよね

しかしこれからまた悪夢が・・・・・・

女性用は2Fにあってそこには日本語が全くできないアジュンマ(おばさん)が
一人いるだけ。
渡されたキーのロッカーに行って着替えをしようとするとスッポンポンの
女性がどこからかやってきて驚いた。
ゲッ、どこから~~?とウロウロしていたらアジュンマが「シャワー」と言いながら
下に行ける階段を指差した。
ん?シャワー?お風呂はないのかな?と思いながらここから裸は・・・・・
やっぱり無理~~と出された衣装を着たまま降りていくと清掃中。
あ~~だからシャワーだけなんだ、と納得して浴びてきたが
ここはたくさんの部屋があって色々と楽しめるとこのはず。
アジュンマが気にかけてくれて色々と何か言ってくるがわからん!!
そこで「パンフレットみたいのはないのか」と聞いてみたけど通じない

ちょっとしてからアジュンマが使いまわししてそうなパンフレットを持ってきてくれた。
それで水晶の部屋があったので行くと靴下を履いて入るだとか書いてる。
下が熱いけど大丈夫そうだったので入ってみると何のことはない
面白くなさそうだったのですぐ出た。
大広間のようなところは男性も寝ていたのでここも無理~~
そんなことでここの記憶は何もない。

疲れがピークに達していたので寝ることにしたが
知り合いからここの電気マッサージ機はいいからやったらと
言われていたので(よくあるマッサージチェア)100円入れて挑戦。
もう~~~びっくり~~~!
過激の一言なんです!こんなの日本にあったら苦情ありそうって感じ。
何だか乱暴で激しくて・・・・・(大笑)
ドキンは痛くてギブアップ。
でもこのチェア、私のベット代わりになったんですが・・・・
広間があってそこで皆さん雑魚寝するようになっていてふとんはないし
硬いフロアで寝るなんて私にはできない。
ドキンはすぐ寝るし私は韓国に到着してから大惨事にぶつかりずっと
興奮していたのでしょう、眠れない!
後数時間後にはチングに会うのだから寝不足で不細工になっては大変と
思えば思うほど寝れない・・・・・
チェアに移動しそこで朝まで一睡もできず過ごす。
アジュンマは夜中担当だったらしくずっと私を見ていて
「眠れた?」私「・・・・・顔で表現・眠れなかった~」
アジュンマ「。。。。顔で表現・あら~大変!」
ここまで来たら心と心との会話ができちゃうんです!
書き忘れていましたがこのアジュンマ、私のズボンを指差して
何か言いました。あ~~脱いで入るんでしょうって思ったのですが
どうも違うことを何度も言ってる。
そして習ったばかりの”変える”という単語が聞き取れた。
そこでドキンのズボンを指差して見てみると私とようすが(?)違う。
「ゲッ!反対?!」そうなんです。私、ズボンを後ろ前にはいていたんです~~
アジュンマは安心した顔をしてましたが本当に言葉が通じないって
大変なことです。

7時にドキンを起こしお風呂に入ってメイク。
結局ここではシャワー&お風呂だけ。
もっと案内を徹底してくれないと外国人は無理です。
もう2度と行かないと心に決めました。

朝、出るときに撮った画像。よくわかりません・・・m(__)m

goragon.jpg



大急ぎで書いたため支離滅裂かも。。。。。

これから朝ご飯を食べるため明洞へ出発~~~

テーマ : 韓国旅行   ジャンル : 旅行

2008/07/01 Tue  13:55
韓国旅行記⑩東大門からドラゴンスパまで。

放置状態・・・・お許しを・・・・

ここから”デザイナーズクラブ”だとか有名な(だったかと・・・記憶が薄れて行く・・・・
問屋のビルに入ることになる。
どこも店同士の間隔が狭く更に例のゴミ袋のような仕入れ品がどの店の前にも
並べられて歩くのにも大変!
途中で立ち止まってゆっくり見るなんて有り得ない~~
2,3回止まったけれどあづましくなかった。
きっと「そこの日本人、邪魔!」って顔されたりしてたんだろうな~~
だから全く買い物してません
足も疲れたし気力もないし、私がもう行こう!って言うとドキンが
「後で後悔してもしらないよ~」って・・・・・それもそうだけど
ドキン、前回に続きかなりお疲れモード。
この子、全く文句言ったりイヤな態度はとらないんです。
ただ疲れは隠せないようで・・・・
悲壮感が漂っているのでお見通しなんです。可哀想だし、
もう2時過ぎていたのでタクシーがつかまるか心配だったので
スパへ行くことにした。

どっち方向でタクシーを待つのかわからない・・・・・
反対で止めたらイヤな態度されるのもイヤだからまず方向を聞くことにした。
顔を見ながら優しそうな人を探したがこんな遅くにだから皆、印象が悪い。
足が痛いので露天の太ったおじさんに聞くとドラゴンスパを知らない。
住所を言うとあっち方面は聞けたので反対側に渡ったが模範タクシーが
(料金は高いが安全なタクシーとされている)
止まっていなくてウロウロ。時間がないので何やら怪しげな
交通整理してるのかトランシーバーのようなものを持った怖そうな顔の
男性がいてタイミングが悪く自分の後ろ足ギリギリに止まった(目撃したがかなり
危険な状態で止まった)タクシーの運ちゃんに怒っている途中に「チェソンハムニダ~」と
言う私の方に振り向いた。怖かった~~~~
ツアーデスクの方がハングルで「ドラゴンスパ」の住所を書いてくれたので
それを渡すと無礼な運ちゃんは期待顔をしていたがそこはさすが、
無視して違う運ちゃんにメモを渡し私たちを導いてくれた。
怖いなんて思ってごめんなさい!でした。

もう私の頭の中はこのタクシーのアジョシ(おじさん)が良い人か悪い人か、
遠回りしてぼったくられはしないかで一杯でした。
アジョシがハングルで話しかけてきたので??????の顔をしてたら
「あ~~イルボン?(日本)」
私「ネー(はい)」
アジョシ「(日本語で)買い物はしましたか~~(片言)」
私「韓国語で)たくさん人がいたので・・・・」今回唯一一番長い文章

アジョシ「たいへんですね」と。。。。

それからナビ?韓国のナビって音声なんですよ~~(って、今はそんな時代?)
「ドラゴンスパ」というと女性の声で「オプスムニダ(ありません)」と帰ってくるのを
数回やり携帯を出してそこに電話をしてと。
したのはいいけれど(私がプッシュしてアジョシに変わった)間違い電話。
ヨンサン駅が見えて客待ちをしていた運ちゃん二人に道を聞いた時には
目と鼻の先。
「あった~~~」夜間料金で大体900円くらいかかった。

降りてからアジョシは私達が門をくぐるまでずっと大きく手を振って
バイバイしてくれた。
悪い人ばかりではないんだな~なんて思ったけど当たりが良かったんだよね。

次回はドラゴンスパ編です♪



テーマ : 韓国旅行   ジャンル : 旅行


       ≫ 2008年08月

プロフィール

yuki

Author:yuki
韓国が大好きです^^
このブログは韓国旅行記としてとっておきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

舞う白い羽

カウンター

オンラインカウンタ

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。